楽天ウェブ検索のデメリット

楽天ウェブ検索するだけで楽天ポイントが貯まるって本当?

毎日のようにしているネット検索。

その検索でポイントが勝手に貯まるサービスが楽天にあるという話を聞いた私は『何かデメリットがあるにちがいない』と決めつけていました。

 

結局、実際に1年ほど使ってみたのですが、ぶっちゃけると良いところも悪いところも両方あるサービスかなと。

そこで今回は『楽天ウェブ検索を使ってわかった感想やデメリット』について正直にお話しします。

 

一言でいうなら使い方さえ気を付ければ得になるというイメージ。

楽天ウェブ検索の口コミや評判ではわからないことが、実際に使ってみると判明しました。

楽天ウェブ検索とは?楽天ポイントが貯まるのが最大のメリット

まず楽天ウェブ検索というサービスがどんなものかを簡単に確認していきます。

最大のメリットは『検索するだけで楽天ポイントが貯まること』。

ただそれ以外にも、細かい特徴があります。

① 毎日125万ポイントを検索数で山分けする

楽天ウェブ検索を使う最大のメリットが、この山分け。

検索した数に応じて125万ポイントをみんなで山分けします。

 

1日でカウントされる検索数は最大で30回。

30回検索して、昔は1日平均で7~9ポイントをもらえました。

今は利用者が増えて1日5~6ポイントくらいに落ち着いています。

 

『1日5ポイントだけ』と思うかもしれません。

ただ検索って行為は毎日していませんか?

 

今まで毎日していたことを楽天ウェブ検索で行うだけで1日5ポイント貯まるんです。

月に150ポイント、1年で1800ポイントと考えれば、けっこう貯まりますよ。

しかも期間限定ポイントではないので、ずっと貯めておけるのも助かります。

② 楽天のお買い物ポイントが2倍になる

楽天ポイント

普段から楽天で買い物をしていたら、楽天ウェブ検索でさらにポイントが貯まります。

キャンペーンにエントリーしてから1日5回以上検索することを5日続ければ、買い物時のポイントが2倍になるんです。

 

もともと楽天カードや楽天モバイルを使って買い物ポイントを上げている方はおすすめ。

検索するだけで、さらに+1倍のポイントが付きます。

ただ普段はAmazonだったり楽天市場で買い物してない場合は、何のメリットもありません。

③ パソコンのツールバーでポイントGETのチャンス

ツールバーで楽天ポイント

メチャクチャ細かい話になりますが、楽天ウェブ検索をインストールするとツールバーを開けるようになります。

ここにメールボックスがあるのですが、この中のメールにも楽天ポイントをもらえるメールがあるんですね。

 

クリックしただけで1ポイントGETとか、アンケートで3~5ポイントをもらえます。

検索だけじゃない貯め方もあるので、もし利用するなら見逃さないようにしたいですね。

 

もしアンケートに答えてお小遣い稼ぎをしたいなら、楽天ウェブ検索よりアンケートモニターがおすすめ。

私が実際に使って稼ぎやすかったアンケートサイトは以下にまとめてあります↓↓

参考⇒実際に使ってわかった!アンケートモニターのおすすめ5選

 

④ 楽天ウェブ検索はアプリでも使える手軽さ

楽天のアプリ

パソコンでは毎日検索しないという場合も大丈夫。

最近だと楽天ウェブ検索はアプリになって、スマホで検索してもポイントが貯まるようになりました。

 

今はちょっとした調べごともスマホでやりますよね。

天気とかランチとか、普段から調べることを楽天ウェブ検索を使ってポイントが貯まるようになっています。

 

ここまでは楽天ウェブ検索のメリットについて。

ただ楽天ウェブ検索には実際に使ってみないとわからないデメリットもあるんです。

以下のデメリットが嫌な人は使わない方が良いかも。

楽天ウェブ検索の特徴とメリット
  • 毎日、検索するだけでポイントが貯まる
  • 楽天の買い物でもらえるポイントが増える
  • ツールバーからもポイントを稼げる
  • アプリで検索できるようになった

楽天ウェブ検索のデメリットと悪い口コミ

悪い口コミ

楽天ウェブ検索は誰にでもオススメできるサービスではありません。

以下のデメリットで『それは嫌だな』と思うものがあれば、利用は辞めておきましょう。

楽天ウェブ検索はブラウザを変えると使いにくい

トップページを楽天ウェブ検索にすると、慣れるまで使いにくいです。

長年ヤフーやGoogleのトップページに慣れている人は特に違和感を感じます。

 

私も使いにくい感じがするので、ブラウザのトップページはGoogleのまま。

検索を楽天ツールバーで行ったり、スマホのアプリを使って楽天ポイントを貯めるようにしています。

 

楽天ウェブ検索だと画像や動画検索は勝手にGoogleに移動するんですね。

そういう意味でも使い始めは、戸惑いを感じることがあります。

楽天ウェブ検索は格安simの節約モードだと重いのもデメリット

節約モードだと速度が遅い

あと楽天ウェブ検索を使ってると表示が遅くてストレスを感じることがあります。

auを使っていたときは何とも思わなかったのですが、楽天モバイルにしたら少し重くなった印象。

 

12時~13時など格安シムで速度制限がかかってる時間帯はGoogleより遅いですね。

検索してサクサク楽天ポイントを貯めたくても、12時台は遅くてイライラしちゃいます。

(Wi-Fiにつなぐか、節約モードを解除すればストレスフリーで検索できます)

Googleと同じくらい広告が多い

楽天ウェブ検索は検索結果のページで広告が出てきます。

広告が占めるスペースや量はGoogleと同じくらい。

だから普段からGoogleの広告がウザいと感じている人は、楽天ウェブ検索を使っても同じストレスを感じます。

楽天ウェブ検索は改悪もある!楽天ポイントが減った

先ほどもチラッと言いましたが、昔は楽天ウェブ検索を使えば1日7ポイントはもらえました。

それが2020年になると1日5ポイントほどに。

 

なぜかというと楽天ウェブ検索を使う人が増えて検索数が増えたからです。

山分けなので検索する利用者が増えるほど、1人当たりのもらえる楽天ポイントは減るんですね。

 

楽天ウェブ検索自体はお得なサービス。

だから今後も利用者が増えていけば、もらえるポイントも減る可能性があります。

検索してもエラーが出ることがある

楽天ウェブ検索のログアウト

どんな言葉でも検索すればカウントされるわけではありません。

アルファベット1文字だったり、ひらがな1文字などテキトーに検索したらダメ。

 

きちんとした単語を調べないとエラーが出てしまいます。

不正利用をしていると最悪の場合はアカウント停止などもリスクもあるんですね。

検索がカウントされない場合については以下の記事にまとめてあるので参考にしてください。

参考⇒楽天ウェブ検索を使ってもカウントされない原因と対処法

 

楽天ウェブ検索のデメリット
  • ブラウザのトップページにすると使いにくい
    (検索はツールバーやアプリから行う)
  • 格安シムの節約モードだと遅く感じる
  • Googleくらいに広告が多い
  • 今後、利用者が増えれば山分けポイントが減る可能性がある
  • テキトーに検索したらエラーが出る

楽天ウェブ検索はデメリットもあるが手軽さが◎!評判に惑わされず上手に使おう

今回は楽天ウェブ検索のメリットやデメリットについてお話ししました。

私は1年ほど使っていますが『スマホとPCのツールバーで検索する』というスタイルに落ち着きました。

これだと重くないしブラウザも変わらないのでストレスを感じません。

 

楽天はウェブ検索以外にもポイントが貯まるサービスがたくさんあります。

楽天チェックや楽天スーパーポイントスクリーンなども併用して、コツコツとポイ活を続けていきましょう。

参考⇒楽天チェック!散歩でポイントが貯まる

参考⇒楽天スーパーポイントスクリーン!1日5ポイントを手軽にGET

参考⇒楽天インサイト!アンケートに答えるだけでポイントがもらえる