CASHb(キャッシュビー)の口コミ!貯まらないという評判や危険性

CASHbの口コミを見ると、賛否がわかれる結果となりました。

案件の単価が高いという評判もありますが、貯まらないという意見も。

そこで今回はキャッシュビーの口コミや、私個人のレビューを紹介します。

この記事でわかること
  • CASHbの安全性について
  • 良い評判と悪い評判からメリットとデメリット
  • 実際に使ってみた本音レビュー

結論としてはメインのレシート買取アプリとしては使いづらいです。

ただサブとしてアプリをインストールしておくと、高単価案件を狙い撃ちできますよ。

スポンサーリンク

CASHb(キャッシュビー)とは?危険性はなし

まずはCASHbについて、どんなアプリなのか。

そして運営会社などの危険性を見ていきます。

① CASHb(キャッシュビー)とは?

CASHbとはレシート買取の機能があるアプリになります。

アプリ内で指定された商品を購入し、レシートをスマホで撮影するだけ。

これでポイントが貯まり、現金化できるアプリとなります。

普段の買い物がお金に変わるということで、主婦層を中心に人気。

以下のメディアでも紹介され、注目を集めているアプリとなります。

紹介されたメディア
  • フジテレビの”とくダネ”
  • テレビ朝日の”報道ステーション”
  • 北海道新聞
  • テレビ朝日の”グッドモーニング”
  • 雑誌の”サンキュ”

サービス自体が怪しいわけではありません。

そこで次は運営会社や安全性について見ていきましょう。

② キャッシュビー株式会社に危険性はある?

CASHbのサービスの概要は以下の通りです。

サービスの概要
  • 会員数 非公表
  • 年齢制限 15歳以上
  • CBの交換レート 1CB=1円
  • CBの交換先 現金(口座振込)
  • 振込手数料 無料
  • 最低換金額 1,000円~
  • アプリ対応 iOS・Android

このCASHbを運営しているのがキャッシュビー株式会社。

運営会社について
  • 社名 キャッシュビー株式会社
  • 設立日 2016年 1月
  • 従業員数 8人
  • 住所 東京都港区南青山二丁目2番8号 DFビル621号室
  • セキュリティ対策 プライバシーマーク

設立したばかりの会社で従業員もわずか。

なのでアプリをダウンロードするのに不安を感じるかもしれません。

ただ会社はプライバシーマークを取得しています。

プライバシーマークとは?

個人情報を適切に扱っている会社にのみ付与される証明のこと

また会員登録するときに必要なのはメールアドレスくらい。

あとは性別とか生年月日など個人を特定されないものなので不安を感じる必要はありません。

もし登録方法や使い方を知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

参考⇒CASHbの使い方!レシ活の手順やお得な始め方

CASHbについて
  • レシートの買取アプリ
  • 指定された商品を購入してポイントが貯まる
  • テレビでも紹介されて注目が集まる
  • 会社の規模は小さいが安全性は問題なし

スポンサーリンク

CASHb(キャッシュビー)の口コミ!良い評判3選

ではまずCASHbの口コミの中から、良い評判を集めてみました。

以下のメリットに魅力を感じられないなら、CASHbを無理に使う必要はありません。

① CASHbはレシート案件の単価が高い

他のレシート買取アプリと比べて、CASHbには明確な特徴があります。

それがレシート買取の単価が高いこと。

他のアプリだと、種類を問わないレシートは1枚1円。

指定された商品を買ったレシートで1枚5円~100円といった範囲です。

ただCASHbではメーカーを問わないレシートが1枚10円。

指定された商品だと10円~100円分のポイントがもらえます。

https://twitter.com/SUKIYAKI_COMEON/status/1645200780931248129

CASHbは高頻度で使うアプリではありません。

週に1度くらい案件をチェックして、買う商品があれば利用するというイメージ。

単価が高いのでサブで使うレシート買取アプリとして優秀です。

② CASHbは紹介コードもお得

もしCASHbに興味があるなら、友達紹介コードを利用しましょう。

友達紹介コードを使えば、初回にレシート申請しただけで200円分のポイントがもらえます。

一気にポイントが貯まってスタートダッシュできるので、利用しない手はありません。

またこの友達紹介コードは、あなたが利用したあとも紹介する側で使えます。

こちらも単価が他のポイ活アプリより高いので、お得感がありますよ。

もし周りでCASHbを使っている人がいないなら、私の紹介コード『AWQGF』を使って200円分を貯めてください。

私の友達紹介コード

A7BIG

③ CASHbは手数料がない!口座がなくても現金化できる

CASHbはポイント交換時も助かる機能があります。

まず手数料がかからないこと。

これはマメに交換しやすいので、利用者としては助かりますよね。

さらに口座がなくても現金化できる仕組みがあります。

それがセブン銀行のATMを使うという方法。

セブン銀行のATM経由であれば、銀行口座がなくてもATMでポイントを現金化して受け取れます。

このようにCASHb内で貯めたポイントを、無駄なく交換できる配慮がありました。

CASHbの良い評判
  • 案件の単価が高い
  • 友達紹介コードの報酬も高い
  • 交換手数料が無料・現金化しやすい

スポンサーリンク

CASHbの口コミ!貯まらないなど悪い評判3選

CASHbは良い口コミばかりではありません。

他のレシート買取アプリと比べて劣っている点もありました。

以下のデメリットとは上手く付き合っていく必要があります。

① CB(ポイント)が貯まらない!対象商品が少ない

CASHbはぶっちゃけポイントが貯まりづらいです。

単価は高いけど、その分だけ対象商品が少ないんですね。

なので毎日のように使えるレシート買取アプリではありません。

対策としては”全てのメーカーOK”の案件を活用すること。

この案件なら、普段の買い物でも条件を満たしやすいです。

私の利用中に出た案件の例は以下の通り。

全てのメーカーOKの案件
  • 水(炭酸水は不可)なら全てのメーカーOK
  • 肉類なら全てのメーカーOK
  • お米なら全てのメーカーOK
  • パンなら全てのメーカーOK
  • ビールなら全てのメーカーOK
  • ヨーグルトなら全てのメーカーOK
  • チーズなら全てのメーカーOK
  • チョコレートなら全てのメーカーOK

これらの応募しやすい案件に積極的に取り組むこと。

そしてCASHb以外のレシート買取アプリも併用すると効率が上がります。

参考⇒レシート買取アプリのおすすめはどれ?人気アプリを比較

② CBの交換先が少ない

手数料が無料なところはCASHbの良いところ。

ただ貯めたポイントの交換先が少ないのがネックです。

銀行口座・セブン銀行のATM・dポイントの3択。

他のポイ活アプリと比べて、電子マネーやギフト券には交換できません。

今後、交換先が増えてくる可能性はあります。

ただ現状は口座振込をメインに交換先を考えて行くしかありません。

③ CASHbの最低出金額が高い

また交換のハードルが異様に高いという声もありました。

最低交換額が1000CB(1000円分)となっていて、気軽に交換できません。

dポイントに関しては3000CBからの交換となっています。

これは交換するまでに期間が必要だし、途中で辞めるのも損しやすい。

なのでCASHbに関してはオマケで使うアプリとして認識するのがおすすめ。

メインは他のレシート買取アプリにする。

たまにCASHbでもレシートを申請して、1000CBが貯まったら交換するという流れが良いでしょう。

参考⇒楽天パシャの評判・口コミは?メリット・デメリット

参考⇒レシートアプリCODEの使い方は?コイン活用法

CASHbの悪い評判
  • ポイントが貯まらない⇒”全てのメーカーOK”を狙う
  • CBの交換先が少ない
  • 最低交換額が高い⇒サブとして使う

スポンサーリンク

CASHbを半年使ってみた!レビューやCODEとの比較

私も実際にCASHbを使ってみることにしました。

半年ほど使ってみた感じたことや、他のアプリとの比較をしていきます。

① CASHbのレビュー!サブとして気長に使うのが良い

トリマを使った感想

CASHbを使ってみると、案件の高さが魅力でした。

“全てのメーカーOK”の案件でも10円分が貯まります。

なので最初は”全てのメーカーOK”を優先して取り組むのがおすすめ。

ただ対象商品に関しては無理に応募する必要はありません。

“もっとハイペースでポイントを貯めたい”と無駄遣いすると逆効果です。

対象商品は本当に必要な買い物かを事前にしっかり考えた方が良いですね。

CASHbはメインのレシート買取アプリとしては不向きです。

CODEやONEを使いながら、CASHbも使っていくというイメージ。

週に1回くらいのペースで案件を確認して、”いい商品があれば買う”くらいが良いでしょう。

② CASHbとCODEの比較

CODE

人気レシート買取アプリのCODEと特徴を比較してみました。

CODEの方が単価は低いけど、その分だけ色んなレシートに対応しています。

CASHb CODE
  • 会員数:非公表 200万人
  • 商品の指定; あり なし
  • 稼ぎやすさ; ○ ◎
  • 報酬単価; ◎ ○
  • バーコードスキャン; 必要 必要
  • 報酬の交換先; 現金 ギフト券・電子マネー・他社ポイント

どちらを使うか迷っているなら、両方を使い分けるのがおすすめ。

普段の買い物はCODEを使ってポイントを貯める。

そしてCASHbの対象商品で買いたいものを見つけたら、CASHbでレシートを申請すると良いです。

稼ぎやすいのはCODEですね。

③CASHbをおすすめできる人・できない人

CASHbを使ってみて、どんな人に向いているかわかりました。

普段のレシートだけを申請したい人は不向きです。

それならONEやレシーカ・CODEを使った方が稼ぎやすいでしょう。

ただ食品を普段から買っている人はCASHbを使って稼ぎやすいです。

なぜなら”全てのメーカーOK”の案件は食品がほとんどなので。

主婦の人にCASHbが人気なので、食品案件が多いことが関係しているんですね。

結論としては買い物を担当する主婦におすすめなのがCASHb。

コンビニでの買い物が多い場合は、もっと他のレシート買取アプリも検討しましょう。

参考⇒レシーカって怪しい?安全なアプリ

参考⇒レシート買取アプリONEの使い方を解説

CASHbの評判は賛否がわかれる!サブとしては優秀

CASHbは他のレシート買取アプリと比べて、良いところも悪いところもありました。

案件の報酬が高く、交換手数料が0円なのがメリット。

一方で対象商品が少なくて応募しにくいのがデメリットです。

最低交換額が1000円分というのもハードルが高い。

サブとして他のレシート買取アプリと併用するなら問題ありません。

ただメインとしては使いづらいでしょう。

どんなレシートでも申請できるONEやCODEの方が使いやすいはずです。

またレシート買取アプリは複数を使い分けても、貯まるポイントに限界があります。

買い物する数自体は増えないので、他のポイ活も検討すると良いですよ。

例えばアンケートモニターとポイントサイトを使えば、月1万円分も狙えます。

参考⇒アンケートモニターのおすすめ9選!安全なサイト選び

参考⇒ポイントサイトのおすすめ5選!王道が信頼できる