楽天ラッキーくじが当たらないときの対策!当選確率を上げるコツやクジより効率的な代替案

楽天ラッキーくじって本当に当たるの?

何度もラッキーくじを引いても、全然当たらないと不安になってきますよね。

そこで今から楽天ラッキーくじが当たらないときの2つの対策を紹介します。

  • 楽天ラッキーくじの当選する確率を上げる方法
  • 楽天ラッキーくじより効率的に楽天ポイントを貯める方法

この2つの対策をすれば、楽天ラッキーくじが当たらないとイライラすることも減ります。

ぶっちゃけラッキーくじよりもコスパが良い楽天ポイントの貯め方に切り替えた方がコスパは良いですよ。

楽天ラッキーくじは当たらない?当選の確率

稼げる金額がわからない

まずは楽天ラッキーくじの仕組みを見ていきます。

楽天ラッキーくじの概要を知れば、攻略法も見えてきますよ。

楽天ラッキーくじとは?ダーツで10000ポイント当たる確率

楽天ラッキーくじとは、言葉のとおり”くじ引き”で楽天ポイントが当たるかもしれないサービスのこと。

楽天市場や楽天トラベルなど、いろんなサイト内にラッキーくじがありますよ。

1つ目の特徴は、それぞれの楽天のサービスごとにクジを引けること。

どこかの楽天サービスで1回クジを引いたら終わりということではありません。

楽天の各サービスでラッキーくじを引けるので、多くのサービス内からクジを引けば当選する可能性も高くなります。

 

2つ目の特徴は楽天のサービス内で当選確率が微妙に違うこと。

例えばinfoseekなら1000ポイントが1名、1ポイントが1000名に当たります。

 

でも楽天ブックスなら1万ポイントが1人、1ポイントが777本当たるんですね。

このように楽天のサービス内で、時期によって当選確率が微妙に変わります。

楽天ラッキーくじで実際に当たった人いるの?本当に当たるのか検証

私も楽天ラッキーくじの抽選を引きますが、運が良くて1ポイントしか当たりません。

1000ポイントや1万ポイントなんて夢のハナシ。

 

実際に当選した人はいるのでしょうか?

Twitterを検索してみると、高額の楽天ポイントが当たったという人を何人か見かけました。

このように当選確率は低いですが、実際に1000ポイントや10000ポイントが当選する人はいるようです。

ではこの楽天ラッキーくじに当たるには、どのように挑めばいいのでしょうか?

楽天ラッキーくじとは?
  • 楽天の各サービスからそれぞれクジを引ける
  • サービスによって当選ポイントや当選確率は変わる
  • 実際に高額に当選した人もいる

楽天ラッキーくじが当たらないときの攻略!当たった人を調査してみた

では楽天ラッキーくじが当たらないとき、当選確率を少しでも上げる方法はないのでしょうか?

ここでは1つ目の対策をお話しします。

楽天ラッキーくじの抽選回数を増やす!ラッキーくじ一覧を活用

楽天ラッキーくじの特徴は、各サービスで1回ずつクジを引けること。

なのでまずは抽選回数を増やすようにしましょう。

楽天ラッキーくじの抽選回数を増やすことで、当選回数を増やすという作戦です。

 

ただ各サービスにアクセスして、いちいちラッキーくじを引くのも面倒ですよね?

そこで活用できるのが『ラッキーくじ一覧』をまとめているWebサイト。

このページには楽天ラッキーくじが引けるサービスが一覧でまとめられています。

これなら自力でサイトにアクセスする手間もなく、一気にクジを引くことができますよ。

 

全てのサービスからクジを引けば、スマホ版・PC版を含めて毎日50くらいのチャンスがあります。

楽天ラッキーくじ一覧のページをブクマしておけば、時短でクジを引けます。

参考⇒楽天ラッキーくじの一覧ページはこちら

 

楽天ラッキーくじが当たりやすい時間ってある?

楽天ラッキーくじが当たりやすい時間はあるのでしょうか?

ランダムのように見えますが、『当たった』というTwitterでつぶやく時間帯を調べてみました。

このように当選した人のツイートを見ていると午前中であることがわかります。

つまりクジは午前中に引いた方が有利かもしれないと推測できます。

 

実は私も楽天ラッキーくじは早いタイミングで試した方が良いと思っています。

だって1000ポイント以上の高額は1日1名にしか当たらないんですね。

 

だから午前中にすでに当選していたら、午後から自分が引いても絶対に当たらないということ。

なので迷っているなら日付が変わった直後くらいから一気に楽天ラッキーくじを引いた方が良いです。

楽天ラッキーくじが表示されないのはモッタイナイ!不具合の解消

せっかくクジを引いたのに表示されないのはもったいないです。

当選したかもしれないチャンスを逃してしまったかも。

 

まずは端末の通信エラーを疑いましょう。

地下や建物内にいて、通信環境が悪かった可能性があります。

 

それ以外だとFlashプレーヤーのバージョンアップやブラウザのJavaScriptが有効になっているかチェック。

楽天ラッキーくじの結果が表示されないときは、以下の公式サイトを参考にしてください。

参考⇒楽天ラッキーくじが表示されないときの対応

楽天ラッキーくじの攻略方法
  • 一覧ページを使って抽選回数を増やす
  • 午前中にクジを引いてみる
  • 通信環境などエラーが出ないようにする

楽天ラッキーくじより効率的に楽天ポイントを貯める方法を試す

楽天ポイント

先ほどの方法を試しても楽天ラッキーくじが当たらないときは、無理にこだわる必要はありません。

なぜなら楽天ポイントが貯まるサービスのなかで、ラッキーくじって効率が悪い部類に入るから。

 

1つのサイト内でクジを引いて結果がでるまでにかかる時間は10秒ほどですよね。

50サイト全てでクジを引こうとすると500秒(約8分)かかるという計算になります。

 

それで多くのクジが外れて、当たったとしても1ポイントというのは、ぶっちゃけ効率が悪いんですよね。

そこで最後は楽天ラッキーくじよりも効率的に楽天ポイントを貯める方法を紹介します。

楽天ポイントスクリーンなら1日20秒で4ポイント貯まる

楽天スーパーポイントスクリーン

広告を5秒見るだけで楽天ポイントが1ポイントもらえるサービス『楽天ポイントスクリーン』

1日に4つの広告から楽天ポイントがもらえるので、1日20秒で4ポイント貯まるという計算です。

 

楽天ラッキーくじと違って100%の確率で楽天ポイントがもらえるのがメリット。

少しずつ改悪が進んでいますが、それでも楽天ラッキーくじと比べるとポイントを楽に貯めることができます。

参考⇒楽天スーパーポイントスクリーンが改悪?評判・口コミ

 

楽天ウェブ検索なら3分で1日3~4ポイント貯まる

firefoxの楽天ウェブ検索

楽天のツールバーを使って検索するだけで楽天ポイントがもらえるサービス『楽天ウェブ検索』

1日30回という制限がありますが、30回検索すると平均で3~4ポイントがもらえます。

 

30回検索するのにかかる時間は2~3分ほど。

普段からググっているのを、楽天ウェブ検索に切り替えるだけで楽天ポイントが貯まるのがメリットです。

 

先ほどの楽天スーパーポイントスクリーンと比べると効率が少し悪いですが、ラッキーくじよりはマシですよ。

参考⇒楽天ウェブ検索のデメリットは?口コミや評判

 

楽天チェックなら散歩ついでに楽天ポイントが貯まる

散歩をしながら指定された店舗へ行きチェックインすると楽天ポイントがもらえるサービス『楽天チェックイン』

ローソンやジョーシン・マツキヨなど有名なお店へ寄るだけで楽天ポイントが貯まります。

 

楽天チェックも抽選となっていますが、最低でも1ポイントがもらえ、たまに100ポイントが当たります。

家や職場からローソンが近い場合は試す価値がありますね。

 

都心に近いとチェックインする場所が増えて、散歩しながら楽天ポイントが貯まりますよ。

参考⇒楽天チェックの使い方【攻略】!

 

楽天インサイトなら1ヶ月に100~500ポイント貯まる

アンケートに答えるだけで楽天ポイントが貯まるサービス『楽天インサイト』

アンケートの頻度は不定期ですが、平均して月100~500ポイントは貯まります。

 

たまに時給数千円のWebインタビューや、試供品サンプルの募集もあります。

電車の待ち時間などのスキマ時間に取り組むのがオススメ。

 

ただアンケートサイトの中では楽天インサイトは稼げる額は少なめになります。

もし楽天インサイトに興味があるなら、もっと稼げるアンケートモニターを試した方が良いかもしれません。

参考⇒アンケートモニターのおすすめ9選!安全に稼げるサイトを厳選

 

ラッキーくじより効率的なポイ活
  • 楽天スーパーポイントスクリーン
  • 楽天ウェブ検索
  • 楽天チェック
  • 楽天インサイト

楽天ラッキーくじには攻略法がある!ただ当たらない場合は辞める勇気も必要

楽天ラッキーくじは抽選なので、当たらないで0ポイントとなることが多いです。

もし楽天ラッキーくじでのポイ活にこだわるなら、抽選回数を増やすことに集中しましょう。

 

楽天の公式サイトにはラッキーくじ一覧というページがあり、クジを引けるサイトを一覧にまとめています。

このページを使えば、一気に楽天ラッキーくじを引けますよ。

 

ただ楽天ポイントを効率的に貯めるのが目的なら、楽天ラッキーくじにこだわる必要はありません。

楽天スーパーポイントスクリーンや楽天インサイトなど、もっと効率的に楽天ポイントが貯まる方法はあります。

参考⇒楽天インサイトを使った上手な稼ぎ方