おすすめアンケートモニター

D style webの座談会になかなか当たらない。

アンケートモニターのD style webに登録してからの私の悩みでした。

 

アンケート頻度が多いD style webですが、アンケート報酬は低い。

だからこそ座談会や電話インタビュー・会場調査など、高額報酬のモニターを当てたいですよね。

 

でも実際に何度応募してもD style webの座談会やオンライン調査には当選しませんでした。

そこで今回はD style webで座談会に当たらない原因と対策をお話しします。

できるだけアンケートモニターで稼ぎたいと思っている方は実践する価値がありますよ。

D style webの座談会は当たらないという評判は本当!口コミでも見かける

稼げる金額がわからない

まずD style webの座談会が当たらない原因について考えていきます。

考えられる原因を1つ1つ潰していくと、高額報酬で稼ぎやすくなりますよ。

D style webはアンケートが来ないわけではないが…

まずD style webのアンケート数の頻度は悪くありません。

1日に数件は届きますし、他のアンケートモニターの相場と同じくらいといったところ。

 

ただ1つのアンケートに答えても報酬が少ないのがネックです。

だからこそ座談会を狙っているのですが、なかなか当たらないんですよね。

 

こうなるとD style webで回答数を増やそうとしても効果は薄いです。

なので座談会への応募回数を増やすために、他のアンケートモニターと併用した方がいいですね。

参考⇒アンケートモニターのおすすめ9選!安全で稼ぎやすい独自ランキング

 

D style webのアンケート内容に不備はないか?

アンケートモニターで届くアンケートには『ひっかけ問題』が存在します。

例えばアンケートの最初と最後に同じ質問をしたり、『この回答は”B”を選んでください』というもの。

ちゃんとアンケート内容を読んで正直に答えていたら問題ないのですが、この『ひっかけ問題』で誤回答をすると信用度が下がります。

 

D style webだってわざわざ、嘘の回答をしている人を呼び出して、インタビューする理由はありませんよね?

なのでマメにアンケートに答えるのも大事ですが、嘘なく正確にアンケートに答えるのも重要だということがわかります。

D style webの座談会は地域差がある

D style webに限らず座談会は東京や大阪が圧倒的に多いです。

東京住まいや大阪住まいなら、座談会の案内も多いし、当選しても行きやすいですよね。

 

ただ地方に住んでいると、そもそも地域で座談会が開かれる頻度が少ないので、応募する回数が少なくなってしまいます。

住む場所は変えられないので、先ほど言ったようにアンケートモニターを複数登録してチャンスを増やすこと。

あとは座談会以外の高額報酬のインタビューにも挑戦することをオススメですね。

高額報酬のアンケート
  • 試供品モニター
  • 電話インタビュー
  • 訪問調査

    D style webの座談会に当たらないときの対策!

    先ほどの原因を踏まえて、今日からどんな対策をとればいいか。

    D style webの座談会に当たる確率を少しでも上げていく方法をお話しします。

    D style web以外のアンケートにも挑戦

    まずは座談会への応募回数を増やす必要があります。

    いまはアンケートモニター業界自体が盛り上がってきていて、利用者もどんどん増えているのが現状。

     

    だから座談会などの高額報酬も、応募回数を増やすのが当選を引き寄せるカギとなります。

    なのでD style webよりもアンケート頻度が多いマクロミルやリサーチパネルにも挑戦してはいかがでしょうか?

     

    複数のサイトに登録してもアンケート内容は全然違います。

    だから様々な座談会への案内が届くようになるので、応募数を増やせますよ。

    参考⇒アンケートモニターのおすすめ9選!稼ぎやすさでランキング

     

    ポイントは倍率が低そうな座談会には、積極的に応募すること。

    ゲームや買い物といった日常的な座談会は応募も殺到しますが、病気などプライベートな応募は倍率が低いことが予想されます。

    D style webのアンケートには早く正確に答える

    D style webからのアンケートをなるべく早く答えるのも大事です。

    座談会などの会場調査は人数が埋まればそこで募集は終了。

    早い者勝ちなので、マメにスマホをチェックしてD style webからのアンケートに答えていきましょう。

     

    D style webのアンケートは1分以内で終わる簡単なものも多いので、そこまで大変ではありません。

    注意したいのは回答内容に嘘をつかないこと。

     

    D style webは座談会などの調査では、ユーザーのリアルな声を拾いたいと考えています。

    なのでアンケートの段階で回答が正確でなかったり、あきらかな嘘がある場合は当選なんてされません。

     

    マメに回答して、嘘がないようにする。

    これで『このユーザーにお願いしてみようかな』と思われる確率も高くなります。

    スマホの電話はすぐに気づけるようにしておく

    D style webでは座談会のモニターに選ばれると最終確認として電話がかかってきます。

    アンケートで答えた内容に不備はないかを確認するためですね。

     

    なので電話に気づけるように、スマホをそばに置いておくことをオススメします。

    もしあなたが調査対象に選ばれても電話に出られなければ、他の人に電話をして、その人が座談会に招待されることになるかも。

     

    つねにスマホを持っておく必要はありません。

    ただずっとサイレントモードにするなど、電話に気づけないとD style webからの座談会の案内も逃してしまいますよ。

    座談会への熱意をアピール!時間や曜日と回答内容について

    最後は座談会への熱意をアピールする方法について。

    具体的には2つあり、まずは参加できる時間や曜日に、たくさんのチェックを入れましょう。

     

    『空いてる日にチェックを入れる』というより『座談会にチェックを入れて予定を組みなおす』くらいの意気込みが大事。

    私も『絶対ダメな日』以外にチェックを入れて、当選したらスケジュールを調整しています。

     

    2つ目のアピール方法が自由記入欄。

    アンケートでは自由記入欄が設定されていることがあります。

    『○○を使っていた感じたことは?』などの質問に、スマホで文字を打ちながら回答していきます。

     

    ここでしっかりと自分の考えを書いて、商品の良かったところや改善点を指摘します。

    褒めるだけではなく、悪い部分も正直に書くことで『座談会に呼んで話を聞きたい利用者』だとアピールしています。

     

    座談会に誰を選ぶかは機械ではなく人が選んでいます。

    なので企業側の人が読んで『お金を払ってでも、この人に話を聞いてみたい』という印象を持ってもらう努力をしましょう。

    D style webの座談会はなかなか当たらない!応募回数を増やすことから始めよう

    おすすめアンケートモニター

    今回はD style webの座談会が当たらない原因と対策についてお話ししました。

    D style webからのアンケート頻度は業界でも少なくないので問題なし。

    ただ回答内容にバラつきがあるなど、正確ではないと調査対象に選ばれないので注意しましょう。

     

    あとは座談会の日程にはできるかぎりチェックを入れること。

    そして自由記入欄などアピールして、企業側の人の目に止まるような努力をしましょう。

     

    それでも最終的に選ばれるかは運次第です。

    なので複数のアンケートモニターに登録して、座談会への応募回数を増やすのも効果的ですよ。

    参考⇒アンケートモニターのおすすめ9選をランキングで紹介してみた