楽天パシャの使い方

楽天パシャの使い方は、大きく分けて2つあります。

楽天が指定された商品を買うトクダネと、それ以外で使える”今日のレシート”。

この2つの使い方を両方知れば、日常でもらえるレシートが楽天ポイントに生まれ変わります。

SPUのアップ条件にもなるので、楽天パシャを使って損することはありませんよ。

スポンサーリンク

楽天パシャの使い方は2つ!初心者でも簡単

まずは楽天パシャの簡単な使い方を見ていきます。

細かい手順は後で解説するので、まずはダウンロードや初期設定などを見ていきましょう。

① 楽天パシャの始め方

楽天パシャの始め方は簡単です。

Webでも使えますが、圧倒的にアプリの方が使いやすいです。

お得なのは以下の39キャンペーンを活用する方法です。

こちらから楽天パシャをダウンロードすると39ポイントが付与されます。

参考⇒楽天の39キャンペーンはこちら

アプリをダウンロードしたら起動させてログインしましょう。

よく買うものをカテゴリで選びます。

チェックを入れることで、優先的に表示されるようになり、商品が見つけやすくなりますよ。

次は楽天パシャの稼ぎ方となる2つのパターンを見ていきます。

② 楽天パシャの”今日のレシート”で普段の買い物を楽天ポイントにしよう

楽天パシャの機能の1つ目が『今日のレシート』

名前の通り、今日の分の買い物が記録されたレシートを写真に撮り申請するだけ。

これで楽天ポイントがもらえるというポイ活になります。

対応しているお店
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • ドラッグストア
  • ディスカウントストア
  • ホームセンター

普段の買い物でもらったレシートが楽天ポイントになるお得なポイ活。

ただ2022年に『飲食店が不可』となり『184円以上のレシートに限る』など改悪がされました。

スタバやマクドナルドなど飲食店のレシートが対象外になったのは地味に痛かったですね。

② 楽天パシャの”とくダネ”で指定された商品がお得に買える

楽天パシャの2つ目の機能が『トクダネ』。

楽天が指定した商品を買うと1~100ポイントほどのポイント還元が得られます。

購入時は定価ですが、後でもらえる楽天ポイント分だけお得になるという仕組み。

注意したいのは商品を買わないと申請できないという点です。

ポイント欲しさにトクダネを利用すると、逆に出費が増えるので注意しましょう。

あくまで欲しい商品をトクダネで安く買うという節約意識で使うのが良いですね。

参考⇒楽天パシャの評判は?使うメリット・デメリット

楽天ポイントの始め方
  1. 30キャンペーンでアプリをダウンロードする
  2. 普段の買い物は”今日のレシート”で申請
  3. トクダネ商品を買うならポイント還元で安くなる

スポンサーリンク

楽天パシャの使い方【今日のレシート】ダイソーは対象店舗外?

まずは楽天パシャの”今日のレシート”の使い方を見ていきましょう。

簡単な手順は以下の通りです。

今日のレシートの手順
  1. 対象業態のお店で買い物をする
  2. 184円以上の買い物をしてレシートをもらう
  3. 楽天パシャでレシートを撮影して申請する

使い方で気を付けるのは対象業態で買い物をすること。

そして184円以上の買い物をすることです。

① 楽天パシャで対象のお店で商品を買う!ドン・キホーテやイオンも可

レシート

楽天パシャの”今日のレシート”はどんなレシートでも使えるわけではありません。

対象となる業態、対象にならない業態があるんですね。

対象となる業態
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • ドラッグストア
  • ディスカウントストア
  • ホームセンター
対象にならない業態
  • 飲食店
  • 百貨店
  • 衣料品店
  • 生活雑貨店
  • ワンプライスショップ
  • 郵便局 など

対象となるお店は改変で変わることがあります。

具体的なお店の例は以下の通り。

最新情報は公式サイトを確認しましょう。

参考⇒楽天パシャ”今日のレシート”の対象店

コンビニエンスストア
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
スーパーマーケット
  • イオン
  • イズミヤ
  • イトーヨーカドー
  • カルディ
  • 関西スーパー
  • 業務スーパー
  • グルメシティ
  • KOHYO
  • コープ
  • 西友
  • ダイエー
ドラックストア
  • ウエルシア
  • キリン堂
  • ココカラファイン
  • サンドラッグ
  • ダイコクドラッグ
  • マツモトキヨシ
ディスカウントストア
  • ドン・キホーテ
  • ディオ
  • ルミエール
ホームセンター
  • コーナン
  • カインズ
  • ナフコ
  • ビバホーム
  • 島忠
  • ハンズ

普段からこういったお店で買い物しているなら、”今日のレシート”は大活躍します。

それまでゴミ扱いしていたレシートが楽天ポイントに生まれ変わりますよ。

② 184円以上の買い物をしたレシートをもらう

レシート

楽天パシャの2つ目の条件は『184円以上の買い物をしたレシート』であること。

以前は金額指定はなかったのですが、2022年の改悪で条件が設定されました。

今後も改悪される可能性があります。

無理をして184円以上を買い物すると逆に損になるので注意しましょう。

③ “今日のレシート”の撮り方!複数回できるが1日5回の上限がある

  • 対象業態で買い物をする
  • 184円以上の買い物をする

この2つの条件をクリアしたレシートをもらったら、楽天パシャで申請します。

まずは楽天パシャのアプリを起動して、左上のメニューバーをタップ。

そして”きょうのレシート”をタップします。

次は『レシートの写真を準備する』をタップ。

あとは先ほどもらったレシートを撮影するだけ。

レシートの横幅を、画面の黄色に合わせて撮影します。

以下の情報が入っているかを確認しましょう。

必要な情報
  • 小売店名
  • 店舗名
  • 電話番号
  • 購入日時
  • 商品名
  • 商品数
  • 商品金額
  • 合計金額

上手く撮影できれば、あとは申請をするだけ。

これで楽天パシャの”きょうのレシート”の使い方は終わりです。

④ 楽天パシャの審査結果を確認!審査時間は1週間。ポイント反映や付与は来月

楽天パシャの”今日のレシート”は審査時間が1週間ほどかかります。

アプリを起動して、左上にあるメニューバーをタップ。

そこにある”ポイント審査履歴”から、審査結果を確認できます。

審査結果がOKなら、期間限定の楽天ポイントがもらえることが決定。

タイミングは翌月の25日ごろに一括で付与されます。

⑤ 楽天パシャが承認されない!過去のレシートなど当日以外はダメ

レシートが承認されないときは3つの原因が考えられます。

まず1つ目が撮影したレシートに必要な情報が抜けていること。

合計金額など撮影時に途中で切れたレシートを送れば承認されません。

レシート

2つ目は昨日のレシートなど当日以外に撮影して申請するもの。

その日のレシートを、その日のうちに申請するのが”今日のレシート”の条件です。

3つ目はルールに反したレシートであること。

以下のようなレシートは”今日のレシート”の対象外となっています。

対象業態外のレシート
  • 国外で発行されたレシート
  • 電子レシート
  • ネット注文による領収書
  • 宅配サービスの領収書
  • 手書きの領収書
  • 商品明細のない領収書 公共料金やチケットなどの支払い
  • チャージ
  • コピー機利用
  • 184円未満のレシート

以前は飲食店も可能でしたが2022年の改悪で不可となりました。

百均や無印良品も雑貨屋扱いになるので対象外となります。

ディスカウントストアに該当しない店舗
  • ホームセンター(コーナン、カインズなど)
  • 家電量販店(ヤマダ電機、ビッグカメラなど)
  • ワンプライスストア(ダイソー、セリアなど)
  • ファストファッション(ユニクロなど)
  • 雑貨店(無印良品など)
  • リサイクルショップ

対象外となるお店は少しずつ増える可能性もあります。

楽天パシャに関しては少しずつ改悪で使いづらくなっているので。

参考⇒楽天パシャでまた改悪!?改悪内容と対応策

“今日のレシート”の使い方
  • 対象業態で買い物をする
  • 184円以上の買い物をする
  • 買い物した日のうちにレシートを申請
  • 1週間後に承認されているか確認
  • 却下されているなら使い方を確認する

スポンサーリンク

楽天パシャの使い方【とくダネのやり方】

次は楽天パシャのもう一つの機能である『トクダネ』の使い方を見ていきます。

基本的な使い方は以下の通り。

トクダネの使い方
  1. トクダネ商品をmyトクダネに入れる
  2. 指定された商品を買う
  3. そのレシートを申請する

注意すべきは、買い物をする前にトクダネ商品をmyトクダネに入れること。

SPU達成条件もあるので、SPUを意識しているなら条件達成も目標にすると良いですよ。

① 楽天パシャのトクダネ商品をmyトクダネに入れる

まずは楽天パシャのアプリを起動して”今日のトクダネ”を見ていきます。

そして買いたい商品があったら商品をタップ。

“GETする”をタップすればmyトクダネに移行されます。

myトクダネに入っている期間は3日間。

つまりmyトクダネに入れて3日以内に商品を買いレシートを申請する必要があるということです。

楽天パシャのトクダネの特徴は商品を買う前にmyトクダネに移行すること。

あとでmyトクダネに移行してもレシートは承認されないので注意しましょう。

② myトクダネに移行した商品を買いレシートを申請する

レシート

myトクダネに移行した商品を買い物で購入します。

(購入店舗が指定されていれば、その店舗で買う必要があります。)

買い物したらレシートをもらいましょう。

そして楽天パシャを起動してmyトクダネに移行。

買った商品をタップして”レシートを送る”をタップします。

あとは先ほどのレシートを撮影して申請するだけ。

これでポイントが還元されて、商品をお得に買うことができますよ。

③ 楽天パシャの新機能”らくらく申請”も使える

レシートを申請する手間を省いたのが”らくらく申請”という機能。

トクダネをGETしてmyトクダネに移行。

そして対象のお店で購入時に楽天ポイントカードを申請するという方法です。

これでレシート申請の手間なく楽天ポイントが付与されるという仕組み。

ただ”らくらく申請”で対象となっているお店に限るなど、条件もあります。

「らくらく申請」の対象のお店
  • 東急ストア
  • 東急ストアフードステーション
  • プレッセ
  • プレッセデリマーケット
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト

まだ実用段階にあるとは言えませんね。

今後使えるお店が増えてきてから検討しても遅くはありません。

④ SPUやランクアップの条件を目指しながら審査を待つ

レシートを送ったら、承認されるかを1週間後に確認します。

(らくらく申請を使ったら3日後が目安)

楽天パシャを起動して、左上にあるメニューバーをタップ。

ポイント履歴画面で確認しましょう。

もし承認されれば、ポイント分が翌月25日くらいに付与されます。

SPUやランクアップを狙っているなら、審査を1つ1つ待たずに、どんどん申請した方が良いですね。

承認されないレシートがあっても、保管しておけば再度申請ができます。

参考⇒楽天パシャのSPUを攻略!反映は月末のいつ?

⑤ 承認されないときは原因を探して再申請をする

レシートが承認されないときは原因を探します。

よくある非承認の理由の1つ目は対象商品ではない品を買った場合。

サイズ違いやフレーバーが違うなど、類似商品では却下されます。

2つ目はレシートの撮影時の不備。

一部のピントがぼやけていたり、店舗名や購入日などが写っていないと承認されません。

3つ目はmyトクダネに入れる前に商品を購入した場合。

必ずmyトクダネに入れてから商品を購入しないと却下されます。

これらの中で当てはまる原因を潰したら、レシートを再申請しましょう。

審査日から72時間以内であれば、再度レシートを申請できます。

トクダネの使い方
  1. 買いたい商品をmyトクダネに入れる
  2. 指定された商品を購入してレシートを申請する
  3. 結果が出るまで1週間待つ
  4. 待ってる間にSPUやランクアップ条件を目指す
  5. 却下されたら原因を探して再度申請する
    ※らくらく申請もあるが、現時点では使いづらい

スポンサーリンク

楽天パシャの使い方Q&A!禁止事項もある

最後は楽天パシャを使うときに、よくある質問について回答。

使い回しや拾ったレシートを使うといった不正行為のリスクなども見ていきます。

① 楽天パシャは同じ商品でも2回目は使える

楽天パシャは同じ商品でも2回目以降にレシート申請ができます。

例えばトクダネで指定されたドリンクを購入してレシートを送信。

すると後日に全く同じドリンクがトクダネに入っていることがあるんですね。

この場合はまた後日に、そのドリンクを購入すればトクダネ申請が可能。

なのでトクダネは数日に一度はチェックして、欲しい商品が安く買えないか確認するのが良いですね。

② 楽天パシャは使い回しは不可!複数申請は可

レシート

楽天パシャではレシートの使い回しは基本NGとなっています。

例えばトクダネで申請したレシートを、今日のレシートでも使うのはNG。

また同じレシートを何度も今日のレシートで申請しても承認されません。

ただトクダネの複数商品を一度に購入した場合は、1枚のレシートで複数申請できます。

ずるい行動はできなくても、複数申請という便利な手段は取れますよ。

参考⇒楽天パシャは同じレシートを使える?同じ商品の使い回しは不可

③ 楽天パシャで拾ったレシートなどを撮影する危険性

スーパーやコンビニに行くと、他人のレシートが捨てられています。

そのレシートを撮影すればポイントになるのでしょうか?

結論から言うと、承認される可能性もありますが、おすすめはできません。

なぜなら規約違反の使い方をすると、楽天アカウントの削除やサービスの利用禁止となることもあるからです。

楽天を普段から使っていたり、楽天経済圏でポイ活しているなら、リスクが大きすぎますよね。

なので拾ったレシートなど他人のレシートを撮影しないようにしましょう。

もし楽天ポイントが欲しいなら、他の楽天サービスを使うことをおすすめします。

参考⇒楽天チェックの使い方!散歩でポイ活

参考⇒楽天ウェブ検索でスマホを使ってポイ活

参考⇒楽天スクリーンは広告を見るだけでいい

参考⇒楽天メールdeポイントが超ラク

④ すごく長いレシートを楽天パシャで撮影するとき

長いレシートは撮影しづらいですよね。

そのときは以下の情報が含まれているかを確認。

必要な情報
  • 小売店名
  • 店舗名
  • 電話番号
  • 購入日時
  • 商品名
  • 商品数
  • 商品金額
  • 合計金額

そして長レシートモードに切り替えます。

切り替え方
  1. 楽天パシャのアプリを起動
  2. レシートを撮影
  3. 左下にある長レシートをタップ

これで長いレシートを何回かに分けて撮影することが可能。

黄色い幅に合わせて、複数回シャッターをしていけば申請できます。

⑤ 楽天パシャのポイ活がめんどくさいと感じたら

楽天のポイ活の中でも楽天パシャは使う目的が難しいです。

普段から買い物してもらえるレシートがポイントになるのはメリット。

ただもらえるポイントには限界があるし改悪も続いて使いづらくなっています。

もしSPUなどにこだわっていないなら、無理して楽天パシャを使う必要はありません。

ポイントサイトなど、もっとコスパよくポイントが貯まるものに切り替えた方が良いですよ。

楽天パシャを続けるにしても、ほかのポイ活も併用しないと稼ぎづらいです。

楽天パシャのQ&A
  • 後日に同じ商品が掲載されたら再度申請できる
  • 同じレシートの使い回しはできない
  • 他人のレシートを申請するなど禁止行為は厳禁
  • レシートが長いときは長レシートモードにする
  • コスパが良いポイ活も併用する

スポンサーリンク

楽天パシャの使い方は簡単!2つの方法で楽天の期間限定ポイントが貯まる

楽天パシャの使い方自体は簡単です。

普段の買い物は『今日のレシート』で申請。

指定された商品を買うときは『トクダネ』で申請するだけ。

今までの買い物がお得になるという点では優秀なアプリです。

ただ2020年・2021年と改悪が続いて使いづらくなっているのも事実。

もし付与される楽天ポイントが物足りないなら、他のポイ活も実践しましょう。

参考⇒楽天ポイントクラブを活用してポイ活する方法

参考⇒楽天ラッキーくじが当たらないときは回数を増やそう

参考⇒楽天ヘルスケアの口コミは?メリットとデメリット

楽天ポイントはいろんな方法で貯めた方がお得です。

少しずつお得さがなくなっている楽天パシャはオマケとして考えた方が良いですね。