マクロミルの会場調査は危険?服装・ポイント付与の注意点や、地方だと当たらない理由と対策

マクロミルの会場調査は、超コスパの良いお小遣い稼ぎです。

 

1時間で3000円分~8000円分の報酬がもらえる会場調査。

危険もないし気軽に参加できるので、モニターの募集があれば積極的に応募しましょう。

  1. マクロミルの会場調査とは?
  2. マクロミルの会場調査の流れ
  3. 会場調査に当たらない原因と対策

この3つを知れば、今日から安心してマクロミルの会場調査に応募できます。

会場調査の当日も焦る心配はないし、当選回数を引き上げるためのコツもお話ししますね。

マクロミルの会場調査は危険?報酬や体験談を確認

安全性が高いサイト

まずマクロミルの会場調査とは、どういったものなのかを見ていきます。

通常のアンケートとは違う点がありますが、メリットの方が大きいですよ。

マクロミルの会場調査とは?

会場調査とは、一言で言うとオフラインリサーチのこと。

普段はオンラインでアンケートを取り調査しますが、会場調査は現地で直接、消費者の声を聴くという調査方法です。

 

これは企業側が『消費者の立場だからこそわかる気づきがある』と判断しているからですね。

生の声を聞くことで、商品開発や広告の改善に活かそうという狙いがあります。

 

会場調査といっても、会場で和気あいあいと話すときもあれば、インタビュー形式のときもあります。

新商品の試飲や試食だと明るい雰囲気で、座談会などでは真剣に話し合うことがありました。

どんな商品に対する意見を言うかで、会場調査の雰囲気は変わりますね。

マクロミルの会場調査は謝礼が高い!現金はもらえる?

マクロミルの会場調査で一番うれしいのが報酬の高さです。

通常のアンケートは1問答えて2円~100円ほどですよね?

 

一方で会場調査は1時間で3000円~8000円分のポイントが付与されます。

(現金の方が良いと思いがちですが、ポイント付与の方が帰りにスムーズに会場を出ることができますよ。)

 

このコスパの良さが人気なこともあり、会場調査などの応募はなかなか当選しません。

なので私はマクロミル以外のサイトにも登録して、複数のサイトから応募しています。

 

応募回数が増えれば、自然とコスパの良い会場調査の当選回数も増えていきますよ。

参考⇒アンケートモニターの稼げるランキングTOP5を公開中

 

マクロミルの会場調査は危険?評判・体験談を紹介

稼げる金額がわからない

『バイトより多い報酬をもらえるわけない!危ない!』と思うかもしれません。

ただマクロミルの会場調査は、他サイトと比べても特に危険はありませんでした。

参加した会員の方も以下のように投稿しています。

 

私の体験談としても、マクロミルの会場調査は特に問題はありませんでした。

何かを売りつけられることもないし、参加後に勧誘のハガキが家に届くこともなし。

 

守秘義務があるので具体的な企業名は言えませんが、超有名な企業が実施することが多いので安心して参加できますよ。

参考⇒マクロミルで効率的に稼ぐ方法!高額な案件を狙え

マクロミルの会場調査とは?
  1. オフラインで行われるアンケート調査
  2. 報酬が高いのが最大の特徴でありメリット
  3. 口コミや体験談を見ても特に危険はない

マクロミルの会場調査の流れ【当選からポイント付与まで】

では次にマクロミルの会場調査がどういった流れで行われるか見ていきます。

まずは当選の連絡から。

① 当選は電話とメールの2パターンある

会場調査のアンケートに応募して当選すると、後日に連絡が来ます。

電話ならオペレーターと日時の調整をします。

(たまに条件に当てはまってるか質問に答えることも)

 

そしてメールが届き参加予約を完了。

メールも同じで事前調査アンケートと似た質問に答えて参加申し込みをします。

参加申し込みをすると、参加日の前日にも確認のメールが届きます。

② 会場調査への参加当日の持ち物・服装

会場調査の参加当日は服装と持ち物を揃えます。

といっても服装は特に指定があるものではありません。

 

カジュアルな服装でも構わないし、みなさんも私服で会場に来ています。

室内外の温度差があるので、重ね着できる服装を選んだ方が無難ですね。

 

ドレスとかスーツとか着物とか、冠婚葬祭で着るような服装で参加する人はいません。

また全身ジャージなど、場をわきまえないファッションは避けましょう。

 

持ち物では身分証明書は必ず必要になります。

(身分証明…健康保険証・運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・学生証)

 

それ以外には現金払いの場合は印鑑、また駅から会場までのルートを検索するためにスマホも必要。

私の場合は視力が悪いので、メガネも忘れないように持っていきます。

(試食アンケートの場合はお腹を空かせておくのも大事)

③ 会場までの交通費は自腹!早めに家を出よう

服装と持ち物を揃えたら家を出て会場に向かいます。

注意したいのは会場までの交通費は支給されないということ。

 

会場がある都心では、電車やバスなど目的地までのルートが複数あるはず。

その中から安いルートを選んだ分だけ、実質的な報酬が増えるということです。

 

また早めに家を出ることも忘れないでください。

会場はビジネス街にあるなど、ビルが多く見つけづらいこともあります。

 

遅刻すると参加できない可能性もあるので、早めに家を出た方が良いですよ。

(早めに着いたらスマホでアンケートモニターをすればいいだけです♪)

④ 会場で調査を受ける

会場に着いたら調査を受けます。

ここでの注意点は正直に答えること。

 

見栄を張ったり、嘘をつくと事前に答えたアンケートとズレが出てきます。

これだと嘘をついていたということになり問題になります。

 

私も過去に会場調査で、隣の列の人が『アンケートでは○○と答えていましたよね?』と詰められているシーンを目撃しています。

厳密にチェックしているわけではないですが、アンケートと会場調査で違う回答はしないようにしましょう。

⑤ マクロミルからのポイントはいつもらえる?

会場調査が終わったら混まないようにという配慮もあり、終わった人から帰宅が可能。

現金の場合はその場で受け取る手続きがありますが、ポイント付与の場合はすぐに帰ることができます。

 

企業の処理が速い場合は3日ほど経ったらポイントが付与されていますね。

土日を挟むと1週間ほどかかることもあったり、企業によっては1週間以上かかるケースも。

(アンケートの規約に目安が書かれています)

 

ログインしたら急にポイント残高が急増していることがあります。

ポイント履歴を確認すると『あのときの会場調査のポイントか』とわかりますよ。

参考⇒マクロミルのポイントをお得に交換する方法

 

【注意】会場調査当日に行かないのはNG!キャンセルは可能?

バツを選ぶ人

何人もの応募者の中から選ばれたので、当日になって『やっぱ行かない』というのはNGです。

アンケートモニターと言っても仕事であることには変わりありません。

 

体調不良などがあれば仕方がないですが、原則としてキャンセルは不可です。

会員としての信頼度が下がれば、次回以降にモニターに当選されるかもわかりません。

アンケートモニターはスキルも必要なく手軽に始められる副業ですが、適当な取り組み方は辞めましょう。

会場調査の注意点
  1. 持ち物は身分証明書
  2. 重ね着できる服装が良い
  3. 交通費は自腹なので安いルートを探す
  4. 当日は嘘をつかずに回答する
  5. ポイント付与は3日~1週間が多い
  6. 当日キャンセルは辞めよう

マクロミルの会場調査が当たらない原因と対策

マクロミルは稼げない

  • マクロミルの会場調査は報酬が高い
  • 参加当日の流れも問題はない

この2つがわかっても、マクロミルの会場調査には大きな問題点があるんです。

それが当選確率の悪さ。

 

超コスパの良いお小遣い稼ぎだからこそ、毎回応募が殺到するので、なかなか選ばれることがありません。

そこで最後に会場調査に当たらない原因と対策を練っていきます。

アンケートへの回答で意識する2つのポイント

会場調査に選ばれるには、アンケートに回答するときに2つのポイントを抑えなければいけません。

それが『正確性と積極性』です。

 

アンケートごとに回答にブレがあったり、同じ質問に違う回答をしていたら信頼性に欠けます。

質問ごとにバラバラの回答をしているユーザーを、わざわざ会場調査に選ぶメリットはありませんよね?

なので質問文をよく読んで、正直に正確に答えるように心がけましょう。

 

そしてアンケート回答では積極性も重要なポイントになります。

例えば『サッカーに興味はありますか?』という質問に『全くない』と答えたらそこで終わり。

日本代表の試合なら見るとか、好きな選手がいるなど、よく思い出して回答するようにしましょう。

 

自由記入欄も同じで『特になし』と書いてしまうと、アピールはできません。

企業から選ばれるためにも商品やサービスの良いところや悪いところをストレートに伝えることが大事です。

 

『この人の話を聞いてみたい』と思われる回答はどんなものか?

それをイメージしながらアンケートに回答するのがコツとなります。

マクロミル以外のサイトからも応募する

正確に積極的にアンケートに答える

それが出来たら、次はマクロミル以外のサイトからも会場調査に応募しましょう。

 

マクロミルだけ利用していても応募回数には限界があります。

でも複数のサイトを使えば、それだけ応募回数が増え、当選回数も増えてくるんですね。

 

ちなみに私が実際に使って稼げたアンケートサイトは以下にまとめてあります↓↓

参考⇒アンケートモニターのおすすめランキングTOP5!安全に稼げる

 

会場調査は地方だと当たらない?東京・大阪など場所の優位性

いくら頑張っても会場調査が当たらない、そもそも募集が少ない場合もあります。

まずは住んでいる場所が地方のケース。

 

マクロミルは自社会場を新宿と品川に2か所に作っています。

なので東京でも募集が一番多いんですね。

 

それ以外の地域でも、会場を借りて大阪や名古屋でもよく開催されます。

ただ47都道府県の全てで、平等に実施しているわけではありません。

人が集まりやすい都市部での開催に偏っています。

 

住む場所は変えられないので、これはある程度仕方がないでしょう。

会場調査の代わりにWebインタビューや商品モニターなど、場所に関係ない高単価案件に応募すると良いですよ。

高校生や子連れも会場調査の頻度が少ない

バツを選ぶ人

また会場調査は属性によっても募集される頻度が変わってきます。

1人につき数千円の報酬を渡すということは、企業にとってそれだけ大事な顧客候補だということ。

なのでお金を自由に使えるサラリーマンや、買い物の決定権がある主婦に募集が偏ります。

 

マクロミルは中高生の学生でも参加できますが、学生向けの会場調査はなかなかありません。

さらに会場調査では子連れで参加できない規約となっている場合もあります。

子育て中でスマホでお小遣い稼ぎをしている主婦の方も、会場調査には参加しづらい現状があるんですね。

【追記】2020年~2021年にかけて会場調査は減ってきている

マクロミルはもともと会場調査や座談会などの募集が多いサイトでした。

ただ緊急事態宣言があってからは、一時的に中止となっていました。

それ以降も、少しずつ募集は減ってきているように思えます。

 

2020年以降に参加された方の話によると3密対策もしてはいるとのこと。

ただあなた自身が不安を感じるなら、無理をして応募する必要はありません。

 

また会場調査が減ってきたと同時に、Webインタビュー・電話インタビューが増えてきています。

これらのインタビューは住んでいる土地も関係なく応募できるのでチャンスが広がったかもしれません。

どちらのインタビューでも通信環境が整っているかの質問があるので、安定した通信環境を整えて応募しましょう。

会場調査が当たらないとき
  • 『正確性と積極性』を意識して回答する
  • マクロミル以外のサイトにも登録して応募する
  • 地方に住んでいる場合はWebや電話インタビューにも応募する

※2020年以降は密をとらないインタビュー募集が増えてきている

マクロミルの会場調査はコスパが良い!募集があれば積極的に応募しよう

マクロミルの会場調査は、1件につき数千円の報酬がもらえるコスパの良いアルバイトと言えます。

ただ当選しづらかいのがデメリット。

 

だからアンケートに回答するときは、選ばれるために『正確性と積極性』を意識しましょう。

またマクロミル以外のサイトにも登録して、会場調査の応募回数を増やすことで当選回数も増やせます。

参考⇒アンケートモニターで掛け持ちするコツとは?

 

マクロミル自体が長年運営されていて、会員数も100万を超える巨大サイト。

会場調査自体に不安を感じたりする必要はありませんよ。

参考⇒マクロミルで月いくら稼げる?1カ月の平均を紹介